玄米と白米を1対1で混ぜる炊き方~炊飯器や土鍋・鍋でもOK!

2020-12-02

玄米と白米を混ぜる

玄米は健康にもダイエットにもおすすめですが、胃腸が弱い方やいきなり玄米100%は抵抗があるという方は白米に混ぜるのがおすすめ。

ぐ~んと食べやすくなります。

今日は白米と玄米を1:1で混ぜる炊き方をメモします。

割合は変更可、炊飯器でも土鍋・鍋でも簡単に炊けるので、ぜひお試しください。

炊飯器で炊く玄米と白米の炊き方

玄米と白米を混ぜる

玄米と白米は硬さが違うので、炊飯器で混ぜて炊く場合「白米モード」では玄米が硬く、「玄米モード」では白米がベタベタして柔らかすぎたりします。

なので、玄米と白米を一緒に炊くには、あらかじめ玄米をひと晩(8~12時間以上)水に浸けて柔らかくしておけばOKです。

材料

  • 白米 1合(180ml、150g)
  • 玄米 1合(180ml、150g)
  • 水 白米の2合の目盛りより少し多め

玄米と白米の割合は変更できます。

玄米の割合が多くするときは水を少し多めに、少なくするときは少し少なめにしてください。

玄米がしっかり吸水されているので、炊飯モードは玄米の割合が多くても「白米モード」で大丈夫です。

炊飯器で玄米と白米を炊く

  • 前夜玄米を洗い、ひと晩水に浸けておきます。暑い夏の間は水が痛むので冷蔵庫で浸けてください。
     
    玄米
  • 白米を洗います。
     
  • 浸けておいた玄米をさっと洗い、炊飯釜に入れます。
     

     
  • 水加減は白米の目盛り2合分の少し上がちょうどいい感じです。
     
  • さっと混ぜて「白米モード」で炊きます。 
     
  • 炊き上がり!
     

蒸らしが終わったら、下からよく混ぜておいてくださいね。

余分な水分がとんで、美味しくなります。

土鍋・鍋で炊く玄米と白米の炊き方

玄米と白米を混ぜる

土鍋や鍋で炊く場合も同じように玄米だけを先に浸水させておき、炊くときに混ぜて炊きます。

今日は1:1の割合で炊きますが、割合を変えても炊き方は同じです。

割合を変更したら、その分水を少し調整してください。

材料

  • 白米 1合(180ml、150g)
  • 玄米 1合(180ml、150g)
  • 水 500ml

鍋で玄米と白米を炊く

  • 前夜玄米を洗い、ひと晩水に浸けておきます。夏の暑い時期は冷蔵庫に入れてください。
     

     
  • 玄米をさっと洗い、ザルに揚げて水を切ります。
     
  • 土鍋に玄米と洗った白米を入れます。
     
  • 水を500ml加えてさっと混ぜます。水の量はお好みで調整してください。
     
  • 30分ほど浸水させてから中火にかけ、沸騰したら弱火にします。
     

     
    炊く時間は火加減や鍋によって多少変わりますが、25分が目安。
     

     
    最初は大きな泡がブクブク立ちますが、だんだんと小さな泡になって出なくなります。
     

     
  • 鍋の中の水気がなくなったら火を止め、そのまま20分蒸らします。
     

Open!

美味しそうに炊けました。

玄米と白米を混ぜる

水加減もちょうどいい感じです。

玄米と白米を混ぜる

しゃもじでよく混ぜて余分な水分を飛ばしておくと、さらに美味しくなります。

玄米と白米を混ぜる

我が家のIHは「弱1234強」の6段階。

「4」で炊き始め、沸騰したら「2」で25分、火を止めて蒸らすとベストです。

玄米と白米1:1を炊飯器や土鍋で炊く!まとめ

玄米と白米を混ぜる

玄米と白米は本来は水加減も炊き方も違うのですが、玄米をしっかり吸水しておけば一緒に炊くことができます。

土鍋や鍋だと難しそうなイメージですが、すぐに慣れてどんな割合でも簡単に炊けるようになります。

炊く時間は鍋やお米の種類などによって多少違うと思いますが、まずは弱火で25分を目安に炊いてみてください。

好みもあると思うので、水の量なども少しずつ調整していかれるといいと思います。

 

<使用したIH対応ご飯釜>
中が見えるので失敗がなく、フッ素コートで洗うのが楽です。

 

こちらの記事もどうぞ

白米をしっかり食べてもやせられる?ストレスフリーのダイエット

玄米と白米の違いは?栄養やカロリーや糖質、炊き方などを徹底比較!

白米に混ぜてもすぐ炊ける!美食玄米の水加減や炊き方

-食材
-,