食べる黒酢 激辛で作る簡単で美味しいジャージャー麵レシピ!

食べる黒酢

黒酢は毎日摂ると健康にもダイエットにも効果的!

なのですが、あの独特な匂いが苦手な人も多いですよね。

「黒酢はダメだけどこれは食べられる!」と人気なのが、本場鹿児島の「桷志田の食べる黒酢」。

ご飯のお供としても人気ですが、今日は食べる黒酢 激辛で作った簡単ジャージャー麵レシピをメモします。

作り置きもOK!アレンジもOK!です。

食べる黒酢のジャージャー麵レシピ

食べる黒酢

材料は3~4人分ありますが、作り置きしておけばアレンジもOK!

豆腐を入れて麻婆豆腐にしても美味しいです。

麺は中華麺でも素麺でもうどんでも、お好みのものをご用意ください。

材料

・お好みの麺
・豚ひき肉 150g
・にんにくチューブ 適量
・しょうがチューブ 適量
 
a)茹でたけのこ 50g
a)太ネギ 5cm
a)干し椎茸 1個

食べる黒酢 大さじ2
中華スープ(鶏がらスープの素と水でOK) 150ml
黒コショウ 少々
水溶き片栗粉 片栗粉大さじ1+水大さじ1
ごま油 大さじ1

きゅうり
太ネギ(白髪ネギ用)

レシピ

<下準備>
きゅうりは千切りにし、太ネギは白髪ネギにします。
a)の茹でたけのこ、太ネギ、水で戻した干し椎茸を粗みじん切りにします。

  • 鍋に油を少々入れ、ひき肉、にんにく、しょうがを入れて炒めます。
     

     
  • a)の茹でたけのこ、太ねぎ、干し椎茸を入れ、さらに炒めます。
     

     
  • 食べる黒酢 激辛を入れます。
     

     
  • 中華スープ、黒コショウを加えます。
     

     
  • 水溶き片栗粉でとろみをつけます。
     

     
  • 最後にごま油を入れて香りをつけます。
     

     
  • 完成!
     

好みの麺にかけて、きゅうりと白髪ネギをのせて完成です。写真は素麺です。

食べる黒酢

ほどよく辛いですが、お好みでラー油や山椒、花椒などで追辛してください。

私は激辛の 薬膳島ラー油 で追辛です。

食べる黒酢

食べる黒酢

トッピングや炒め物に

食べる黒酢 激辛は、ご飯のお供以外にトッピングや調味料にしても美味しいです。

試したものをついでに載せておきますね。

<スティック野菜>

食べる黒酢

<シュウマイ>

食べる黒酢

<餃子>

食べる黒酢

<焼き厚揚げ>

食べる黒酢

<焼きナス>

食べる黒酢

<サバの塩焼き>

食べる黒酢

<鶏のから揚げ>

食べる黒酢

<豚肉と野菜の炒め物>

食べる黒酢

どれも美味しかったですが、中でも「豚肉と野菜の炒め物」はごはんが進む進む。笑

肉や野菜を炒めて食べる黒酢をからめるだけで、お店の味です。

食べる黒酢って

食べる黒酢

食べる黒酢??という方に簡単に。

「桷志田(かくいだ)の食べる黒酢」は、鹿児島県霧島市福山町にある「福山黒酢」という醸造メーカーが製造販売しているご飯のお供。

黒酢レストランで賄いでフライのソースとして出されたのが始まりで、その後商品化されたものだそうです。

 

有機米黒酢に玉ねぎ、砂糖、醤油、料理酒、米麹、豆鼓、生姜、ニンニク、鷹の爪などが入っていて、お値段は1瓶(180g)で税込み565円。

ANA機内食に採用されたりメディアでも多数紹介された人気の黒酢です。

味付けされているので、ご飯のお供やおにぎりとしてすぐに食べられます。

食べる黒酢

食べる黒酢

食べる黒酢 激辛レシピまとめ

食べる黒酢

何だかんだと1瓶あっという間になくなってしまった食べる黒酢。

ご飯のお供としても美味しいですが、何にかけても美味しかったです。

激辛といってもそこまで辛くはないので、激辛が苦手な私でもちょうどいい感じ。

食べるとふわっと黒酢の香りはしますが、味がしっかりついているので黒酢が苦手な人も食べやすいかと思います。

<食べる黒酢>

 

こちらの記事もどうぞ

米酢と黒酢はどっちがいい?お酢の種類と使い分けまとめ

にんにくの黒酢漬けの効果と作り方|血流改善やダイエットに常備!

-食材
-,