メモ

疲労回復におすすめの薬膳料理!じんわりあったまる手羽先のスープ

2020-02-03

薬膳スープ

疲れた~~と思ったとき、どうしていますか?

栄養ドリンクやビタミン剤を飲むのもいいですが、元気が出る食事もおすすめ!

今日はなつめや生姜を使った疲労回復におすすめの薬膳料理、手羽先とかぶの塩麹入り薬膳スープをご紹介します。

お腹からじんわり温まって美味しいですよ♪

手羽先の薬膳スープの材料と作り方

薬膳スープの材料

塩麹入り薬膳スープの材料

材料

・手羽先 4本
・かぶ 1個
・にんにく 2~3かけ
・しょうが お好み
・長ネギ 20cm
・乾燥なつめ 2こ
・クコの実 小さじ1
・塩麹 大さじ2
・鶏がらスープのもと 小さじ1
・水 1リットルくらい(煮込むので)
・塩 適量

手羽先は鶏もも肉などでもよいですが、骨付きの方が出汁がよく出て美味しいです。

かぶは、葉があれば葉も使ってください。

薬膳スープの作り方

①手羽先に塩麹をぬりこんで30分ほど置いておきます。

手羽先

手羽先

②にんにくは皮をむき、しょうがは皮付きのまま薄くスライス、長ネギは斜めに薄切りにしておきます。

薬膳スープの材料

③鍋に材料を全て入れて中火で煮立たせます。アクを取り弱火で1時間ほど煮込みます。

手羽先は塩麹がついたまま入れてください。

④かぶの葉があれば出来上がる直前に入れ、塩で味を調えて完成です。

薬膳スープ

薬膳スープの味は

生姜の辛味がアクセントになった、ほんのり甘いスープです。

手羽先は塩麹の作用で柔らかく、コラーゲンもたっぷり。

なつめは甘くて黒糖のような味です。

発酵食品として塩麹が入っていますが、キムチをトッピングしても美味しいです。

薬膳スープ

唐辛子は体を温めて気や血の滞りをよくしてくれます。

薬膳スープの材料の効果効能

なつめ

今日使っている食材の主な効能はこちら。

生薬

・乾燥なつめ:大棗(たいそう)

 エネルギーを補い精神を落ち着かせる。食欲不振や倦怠感などにも有効。

・クコの実:枸杞子(くこし)

 眼精疲労や視力低下、美容にも効果的。

その他の食材の効能

・鶏肉 気を補いお腹を温める。疲労・体力回復に。

・長ネギ 体を温めて気の巡りをよくする。初期の風邪にも効果的。

・しょうが 冷え性や風邪の初期に。

・にんにく 体を温めて免疫力を高める。

・カブ お腹を温め消化不良や便秘改善にも効果的。

スポンサーリンク

疲れた時におすすめな塩麹入り薬膳スープまとめ

薬膳スープ

手羽先を使った薬膳スープ、いかがだったでしょうか。

東洋医学では気・血・水のバランスが大切。

「気」とは元気、やる気、気力の気。

疲れた時は不足している「気」を補うなつめやしょうが、鶏肉などがおすすめです。

薬膳というと苦い、臭いというイメージがあるかもしれませんが、なつめは甘い生薬なので食べやすく、我が家でも定番のスープです。

疲れた時の食事にぜひどうぞ。

 

-メモ
-, ,

© 2020 アラフィフぶー子のダイエットメモ