メモ

夏バテ対策の定番!スペアリブと旬の冬瓜のスープで元気チャージ!

2020-08-19

スペアリブと冬瓜

夏真っ盛り。

連日の猛暑に加え、冷たいものの食べすぎや飲みすぎで夏バテしていませんか?

今日は夏バテ対策に台湾では定番の「スペアリブと冬瓜のスープ」の作り方や効果をメモします。

元気スープが飲みたい方はぜひ!

スペアリブと冬瓜のスープの作り方

冬瓜とスペアリブ

基本のスープの材料はとてもシンプル。

分量は作りやすい量で作ってくださいね。

冷蔵庫にある野菜を加えてもOKです!

基本のスペアリブと冬瓜のスープ

今日の材料

・豚スペアリブ 350g
・冬瓜 500g
・しょうがのスライス 2~3枚
・塩 適量
・クコの実(あれば)

作り方

1.スペアリブを熱湯に入れて1~2分ゆでます。

冬瓜とスペアリブ

冬瓜とスペアリブ

2.ざるに上げ、流水で洗います。

冬瓜とスペアリブ

4.鍋にスペアリブを戻し、水としょうがを入れて強火にかけます。

冬瓜とスペアリブ

5.沸騰したらアクを取り、中~弱火で1時間ことこと煮込みます。

冬瓜とスペアリブ

6.冬瓜は皮をむいて種の部分をとり、ひと口大にカットします。

冬瓜とスペアリブ

冬瓜とスペアリブ

7.スープに冬瓜、クコの実を加えて20分ほど煮込みます。

冬瓜とスペアリブ

冬瓜とスペアリブ

8.冬瓜が柔らかくなったら塩で味を調えて出来上がりです。

煮込めば煮込むほど、豚骨のしっかりしたスープができます。

火加減は弱火~中火で、煮立たせないようにコトコト煮込んでくださいね。

透き通ったきれいなスープになります。

スペアリブと冬瓜のスープの効果

冬瓜

スペアリブと冬瓜のスープには、夏の体にとっておきの薬膳効果があります。

特に旬の冬瓜はおすすめです。

食材の効果

・豚肉 疲労回復ビタミンといわれるビタミンB1が豊富
    気(エネルギー)を補う

・冬瓜 カリウムやビタミンCが豊富
    体に溜まった熱を冷ます
    暑気あたりやむくみ、口の渇きを改善

・しょうが エアコンや冷たい物による冷えの改善
      免疫力アップ 解毒作用

・クコの実 別名:食べる目薬
      眼精疲労に

 

その他

・香菜(消化を促進して気の巡りがよくなる)
・ハトムギ(むくみや肌荒れに)
・なつめ(滋養強壮や精神安定、貧血に)
・緑豆(解熱やむくみ改善)
・にんにく(体力や免疫力アップ、食欲不振に)

なども、この時期におすすめの薬膳効果がある食材です。

私はしょうがを入れるタイミングでにんにくを5~6片ゴロゴロと入れて煮込むのですが、3時間ほど煮込むとにんにくの姿はほぼなくなります。

臭いもないので、人と会う前に食べても大丈夫です~。

 

味付けはシンプルに塩のみ。

やさしい中華スープに仕上がります。

お好みで黒コショウや花椒、ラー油、黒酢、ごま油、キムチなどをトッピングしても美味しいです。

スポンサーリンク

スペアリブと冬瓜のスープまとめ

スペアリブと冬瓜

スペアリブと冬瓜のスープは、「冬瓜排骨湯」という台湾では夏の定番スープ。

見た目は脂っぽいですが、味付けは塩だけなので意外とさっぱりしています。

スペアリブも柔らかく、ホロホロ。

翌日はさらにコクが出て美味しいのですが、疲れた日のために1杯分ずつ冷凍しておくのもおすすめです。

冷蔵庫にある野菜や残りご飯を入れてレンチンすれば、すぐに食べられます。

 

冬瓜は冬という字が入っていますが、冬まで保存できるという意味。

旬は6月~9月ごろまでの夏野菜です。

低カロリーで効能も多いので、スープやあんかけ、漬物など、いろいろな調理法で夏を乗り切ってくださいね。

 

こちらの記事もどうぞ

夏バテを予防する食材は?夏を元気に乗り切るための食養生まとめ

 

-メモ
-, ,

© 2020 アラフィフぶー子のダイエットメモ