ブログ

夏バテを予防する食材は?夏を元気に乗り切るための食養生まとめ

2020-06-29

1年の中で一番体調を崩しやすいのが梅雨から夏にかけて。

特に梅雨はジメジメして湿気が多いので、朝から気分も体も重だる~いですよね。

何となく胃の調子が悪くて食欲もないという方も多いのではないでしょうか。

この時期は体にたまった余分な水分を排出し、負担がかかりやすい心や脾胃(胃腸)をいたわる養生が大切です。

今日は夏バテを防止する食材と、夏を元気に乗り切るための食養生についてメモします。

暑さに負けずに夏を乗り切りましょう!

夏バテを予防する食材

夏バテというとうなぎ甘酒が定番。

うなぎや甘酒には疲労回復に効果的なビタミンB群が豊富に含まれています。

また米麹の甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれ、すぐにエネルギー源となってくれるおすすめの飲み物です。

その他にも夏の疲れにおすすめなのが豚肉

豚肉は「疲労回復ビタミン」と呼ばれるビタミンB1が豊富です。

ビタミンB1の吸収を高めるアリシンが多いにんにくや玉ねぎ、ネギなどと一緒に食べるとさらに効果的です。

でも胃がもたれる、食欲がないなど胃の不調があるときはスタミナ料理は逆効果。

消化の良いお粥で胃腸を休めるのが一番です。

疲労回復や食欲増進効果のある梅干しと一緒に食べると効果的です。

夏バテを予防する食養生

すいか

梅雨や夏は体に余分な水分や熱がこもりやすい季節です。

水分代謝や体温調節がうまくいかなくなると、むくみや下痢、食欲不振、夏バテ、熱中症など、さまざまな不調となってあらわれてきます。

夏バテを予防するには、体にたまった「湿」と「」を発散すること。

体に湿がたまると

梅雨など湿気の多い時期は、水分代謝の働きが低下して体に余分な水分がたまりやすくなるため、むくみや体が重い、尿の出が悪いなどの症状があらわれやすくなります。

また冷たいものや甘いものは湿を生むため脾胃(胃腸)が弱り、下痢や軟便、食欲不振など胃腸のトラブルも起こりやすくなります。

その他にも湿疹が出やすくなったり、女性なら尿トラブルやおりものが増えるなどの症状があらわれることもあります。

舌に黄色や白のネバネバした苔がべったりついていたら要注意です。

湿を取り除くには

体にたまった湿を取り除くには、カリウムやカフェインなど利尿作用のある食材や発汗作用のある食材をとり、尿や汗などで排出するのが効果的です。

利尿作用や発汗作用のある食材はこちら。

毎日の献立や外食時のメニュー選びにご活用ください。

利尿作用のある食材

スイカ 冬瓜 きゅうり、とうもろこし 小豆 緑豆 いんげん豆 グリンピーズ ハト麦 大麦 あさり はまぐり 海苔 昆布 もやし セロリ しそ 白菜 アスパラガス 緑茶 紅茶 コーヒー とうもろこしのヒゲ茶など

発汗作用のある食材

ネギ しょうが 豆鼓など

冷房などで冷えたときは体が温まる唐辛子や花椒、シナモンなども効果的です。

体に熱がこもると

体温調節のためには汗をかくことも大切なのですが、汗をたくさんかくと疲れも倍増しますよね。

汗をかくと気(エネルギー)や津液(体液)も一緒に抜けてしまうため、かきすぎるとだるさや倦怠感、皮膚や髪などの乾燥、喉が渇く、便秘などの症状が起こります。

また血中の水分も排出されて血液もドロドロになりやすく、心に負担がかかって動悸や息切れなどの症状も起こりやすくなります。

体の熱を冷ますには

体にこもった熱を冷ますには、夏に旬を迎える野菜や果物、南国の食べ物が効果的。

体の余分な熱をとる涼性や寒性の食材が多く、水分も多く含まれています。

心や脾胃(胃腸)も疲れやすいので、サポートする食材を食べるようにします。

体の熱を冷ます食材

小麦 冬瓜 れんこん トマト レタス セロリ アスパラ きゅうり スイカ メロン バナナ キウイ ゴーヤ 豆腐 緑茶など

心脾をサポートする食材

ゴーヤ にがうり かぶ らっきょう なす オクラ みょうが かぼちゃ ピーマン うなぎ かつお しそ 梅など

スポンサーリンク

夏のおすすめメニュー

むくみや体がほてったときの定番メニューをご紹介します。

むくみにおすすめのメニュー

むくみにおすすめなのは冬瓜ハトムギを使ったスープやお粥など。

冬瓜やハトムギには利尿作用だけでなく、体にこもった熱を冷ます作用があります。

汗と一緒に失われる「気」を補う鶏肉などを一緒に煮込むとさらに効果的です。

デザートにはスイカ小豆を使ったおやつ、飲み物ならハト麦茶トウモロコシのヒゲ茶がおすすめです。

体がほてったときのメニュー

ゴーヤのチャンプルーやさっぱり食べられるきゅうりの和え物夏野菜を使ったそうめんなど、旬の野菜を使ったメニューがおすすめです。

デザートにはスイカがド定番。

利尿作用もあり、体の熱を冷ましてのどの渇きを癒してくれるので、熱中症対策にも良いです。

体を冷やしてくれるお茶は麦茶緑茶

緑茶は余分な熱を冷ましてイライラやほてりを鎮める作用があります。

スポンサーリンク

夏の食養生まとめ

夏は暑いだけでなく冷房で温度差が激しく、汗をかいたり冷たい物をとることも多いので一番体力を消耗する季節です。

夏バテや夏風邪にかからないようにするには、こまめに湿や熱、疲れをとること。

冷房でお腹が冷えたり、冷たいものの飲みすぎや食べすぎ、脂っこいもののとりすぎは胃腸に負担がかかり、夏バテの原因になります。

冷房が効いている部屋なら冷たいものではなく、温かいものがおすすめです。

夏に旬を迎える野菜や果物、豆類などを中心に、消化のよいお食事を。

 

こちらの記事もどうぞ

パリパリのらっきょうの漬け方!浅漬けも古漬けも美味しい甘酢漬け

 

-ブログ
-,

© 2020 アラフィフぶー子のダイエットメモ