メモ

黒米甘酒の効果効能と作り方 ヨーグルトメーカーで元気チャージ!

2020-09-10

黒米甘酒

麹で作る甘酒は「飲む点滴」といわれるほど栄養価が高く、夏バテや疲労回復にぴったりの飲み物ですが、黒米を加えた黒米甘酒はさらにパワーアップ!

今日は黒米甘酒の効果効能と、ヨーグルトメーカーを使って黒米ご飯から作る黒米甘酒の作り方をメモします。

元気が肌や髪にも届きます♪

黒米甘酒の効能や栄養

黒米甘酒は、麹の甘酒に黒米を加えたもの。

疲労回復効果の高い甘酒に、黒米ならではの効能がプラスされています。

黒米甘酒の効能

甘酒

麹甘酒は、すぐにエネルギーとなるブドウ糖や疲労回復ビタミンといわれるビタミンB群、ミネラルなどが豊富で

・疲労回復
・便秘改善
・免疫力アップ
・美肌

をサポートする効果があります。

 

そして黒米は「薬米」といわれるほど効能が多く、古くから薬膳食材としても食べられてきた穀物で

・眼精疲労の改善
・生活習慣病の予防改善
・血流改善や造血作用
・便秘改善
・美肌や美髪

をサポートする効果があります。

 

黒米や黒ごま、黒豆、黒きくらげなどの黒い食べ物は「」を補う食材。

中医学でいう「腎」は腎臓の機能のことだけでなく、生命力を主り、成長や生殖、ホルモン、老化など幅広い働きも含んでいるので、腎を補うことは元気に若々しく過ごすことにつながります。

黒米の栄養

黒米

黒米は玄米ですが、玄米との一番の違いはポリフェノールであるアントシアニンが含まれていること。

また食物繊維やカリウム、葉酸も豊富で、低カロリー低糖質です。

黒米は玄米や白米に少量混ぜて炊くので比較しにくいですが、参考までに栄養成分表を載せておきますね。

炊いたご飯100g(お茶碗2/3)の成分です。

黒米成分表

黒米甘酒の作り方

黒米甘酒

黒米甘酒は黒米ご飯(お粥でも可)と麹と水で作りますが、ご飯は白米でも玄米でも作り方は同じです。

普段食べているご飯を使ってください。

今日は私がいつも食べている「玄米(1合)+黒米(大さじ1)のご飯」と米麹を使って作ります。

黒米甘酒

 

材料

黒米ご飯 1合分(320g)
米麹 200g
水 400ml

作り方

1.ヨーグルトメーカーの容器を消毒します。

ヨーグルティアの場合は容器に水を少し入れ、中ぶたとスプーンを入れて電子レンジで1分加熱して消毒します。

出来上がり!

2.米麹が板状の場合は、もみほぐしてバラバラにしておきます。

米麹

黒米甘酒

3.火傷しないように消毒した容器の水を捨て、水、ご飯、米麹を入れます。

黒米甘酒

黒米甘酒

黒米甘酒

4.よくかき混ぜます。

黒米甘酒

黒米甘酒

5.内ぶたと取っ手ぶたをして、本体にセットします。

黒米甘酒

黒米甘酒

6.本体のふたを閉め、60℃で8時間にセットします。

黒米甘酒

7.出来上がり!

黒米甘酒

発酵させる前と変わっていないように見えますが、かき混ぜてみるとご飯はクタクタに柔らかくなっています。

香りもすっかり甘酒です。

黒米甘酒

黒い粒は黒米、茶色い粒は玄米、白い粒は米麹です。

ご飯から作るとこんな感じですが、お粥から作るともっと潰れた状態になります。

スポンサーリンク

黒米甘酒の飲み方や保存方法

黒米甘酒

粒が気になる場合

黒米甘酒

そのまま食べてもとても柔らかいですが、ドリンク状にしたい場合は好みの状態までフードプロセッサーにかけてください。

黒米甘酒

クリーミーな甘酒になります。

黒米甘酒の飲み方

黒米甘酒

今日作った分量は濃い目でとても甘いので、飲むときは水や牛乳、豆乳などで薄めると飲みやすいです。

私はいつも豆乳や牛乳で薄めて飲んでいます。

 

その他、砂糖代わりに料理に使ったり、冷凍庫で凍らせてアイスとして食べても美味しいです。

黒米甘酒の保存方法

黒米甘酒

出来た甘酒は冷蔵庫で1週間ほど保存することができます。

それ以上置いておくと発酵は次の段階に進み、酸っぱくなってきます。

なので1週間以上置いておきたいときは、火入れ(70度以上に加熱する)をして発酵が進まないように失活させるか、保存袋や容器に入れて冷凍庫で保存してください。

冷蔵なら2~3週間、冷凍なら数か月保存できます。

 

黒米甘酒

冷凍しておくと、長持ちする上にドリンクとしても調味料としても、そのままアイスとしても食べられるので、とても使いやすいです。

濃いとカチカチに凍らないので、周りに包丁を入れるかフォークなどで崩してください。

スポンサーリンク

黒米甘酒の効能と作り方まとめ

黒米甘酒

黒米はアントシアニン(ポリフェノール)を含んだ栄養価の高い古代米です。

強い抗酸化力を持ち、生活習慣病の予防改善や目の疲れ、美肌美髪効果が期待できるので、普段からご飯に混ぜて食べるのがおすすめです。

そして残ったご飯は麹とともにヨーグルトメーカーに!

翌朝は生きた酵素たっぷりの無添加の黒米甘酒で、しっかり元気チャージできます~。

 

<使用したヨーグルトメーカー>

 

こちらの記事もどうぞ

黒米の栄養や効果効能 いつものご飯に混ぜるだけで美容食!

黒米と白米の炊き方 炊飯器や土鍋で美味しく炊くには

 

-メモ
-, , , ,

© 2020 アラフィフぶー子のダイエットメモ