メモ

冬に多い不調と予防する食べ物は?風邪対策におすすめの温活メニュー

2020-11-09

冬

冬の風邪対策、どうされていますか?

卵酒や葛湯など昔ながらの知恵袋もいろいろありますが、風邪に負けないためには普段の食生活がとても大切です。

今日は冬に起こりやすい不調や予防する食べ物、風邪対策におすすめの体を温める飲み物やお粥についてメモします。

冬にしっかり養生をしておくことで、春も元気に過ごせます。

冬に起こりやすい不調

不調

薬膳での冬は、立冬から立春までこと。

11月初旬~翌2月初旬の3か月を指します。

 

1年で一番寒いこの時期に気をつけるのは「寒邪」という邪気。

寒邪が体に入り込むと体が冷えて血行が悪くなり、肩こりや関節痛、腰痛、神経痛、頭痛、月経痛、しもやけ、腹痛、下痢などが起こりやすくなります。

また免疫力も低下して風邪やインフルエンザなどの感冒にもかかりやすくなるばかりか、代謝も落ちてダイエットにも悪影響。

その他、体が縮こまって毛細血管が収縮し、心筋梗塞や脳梗塞などの血管トラブルも起こりやすくなるので注意が必要です。

 

五臓では「」が活発になる季節です。

中医学では「腎」は腎臓の働き全般のことを指し、生命エネルギーである「精」を貯蔵したり、水分代謝を主っています。

腎が冷えて機能が弱まると水分代謝が悪くなり、むくみや頻尿、膀胱炎、排尿障害などの泌尿器トラブルも起こりやすくなります。

 

また腎はホルモンや免疫、耳、脳、骨、髪にも関わっているため、足腰の弱りや白髪、耳が聞こえにくくなるなど老化が進むとされています。

睡眠をしっかりとる、冷やさないようにする、乾燥を防ぐ、腎を補う食材を多めにとることが大切です。

冬におすすめの食材

冬の五行

薬膳は「陰陽五行説」という中国哲学が基本となる中医学に基づいています。

冬は寒邪、黒い食べ物、鹹味(塩辛い味)の食べ物、腎、恐れ・驚き、耳、骨、髪などがキーワード。

まずは冷えないようにすることが大切で、体を温めて血の巡りをよくし。腎を補う食養生が基本です。

体を温める

体を温める作用のある温熱性の食べ物です。

体を温める食材

もち米 鶏肉 羊肉 豚レバー 太刀魚 ネギ ニラ 玉ねぎ かぶ かぼちゃ 唐辛子 にんにく 生姜 こしょう 山椒 シナモン 黒砂糖 紅茶など。

腎を補う

腎を補う食べ物です。

老化の改善にも効果的なので、冬に限らず1年中おすすめの食材です。

腎を補う食材

黒米 小麦 枝豆 カリフラワー キャベツ ニラ ブロッコリー ブルーベリー プルーン カシューナッツ 栗 くるみ 黒ごま イシモチ いとより うなぎ うに エビ 貝柱 ししゃも すずき 鯛 太刀魚 なまこ ホタテ まながつお ムール貝 鹿肉 鶏レバー 豚肉など。

旬の食べ物

旬のものは栄養価が高く、夏は体を冷やす食べ物、冬は温める食べ物が多いなど、季節に合った体づくりに最適です。

薬膳には”人と土は一体である”という「身土不二」の考え方があり、特に住んでいる土地でとれた地元食材はおすすめの食材です。

旬の食材

ほうれん草 ねぎ れんこん かぶ 白菜 大根 人参 小松菜 ブロッコリー 百合根 カリフラワー わさび ゆず りんご みかん ヒラメ 鮭 ぶり たら あんこう 牡蠣 ふぐ カニ ムール貝など。

スポンサーリンク

風邪対策におすすめの温活メニュー

体が冷えると免疫力も基礎代謝も低下し、風邪をひいたり太りやすくなったりします。

冷えは万病のもととなるので冷たいものはなるべく避け、体が温まる飲み物や食べ物で体の中から温まってください。

紅茶・プーアール茶

ジンジャーティー

お茶は発酵度が高いほど体を温める「温性」の性質を持っているので、体を温めたいときは色の薄い緑茶よりも色の黒い紅茶やプーアール茶がおすすめです。

好みのお茶をベースにシナモンや生姜、黒砂糖をプラスするとさらに効果的!

生姜は生よりも乾燥させた生姜の方が温め効果が長く続きます。

生姜粥

お粥

風邪のひきはじめにおすすめの生姜粥です。

材料

・米 1/4カップ
・水 500㏄
・ショウガ 1片
・鶏ガラや帆立貝柱スープのもと 小さじ1 

トッピング用のねぎや黒ごま、香菜(シソ、三つ葉)など
ごま油 大さじ1

作り方

1.鍋にごま油を入れ、ショウガのみじん切りを炒めます。
2.香りが立ったら米を入れて強火で炒めます。
3.水とスープの素を入れ、沸騰したら弱火にして40分ほど煮込みます。
4.器に盛りつけ、香菜などをお好みでトッピングします。

まとめて作って朝粥にもおすすめ。

お腹の中から体が温まって元気に1日がスタートできます。

スポンサーリンク

冬の食養生まとめ

鍋

冬は動物や植物など自然界では活動を停止して休眠状態に入る時期。

人も春に備えてエネルギーを蓄えておく季節です。

春は新生活によるストレスや花粉症などのアレルギーが出やすくなるので、今のうちに腸内環境を整えて免疫力をUPしておくのがおすすめ。

 

特にこの時期に負担が大きくなる「腎」は老化を主っているので、冬は一番老けやすい季節です。

冷たい食べ物や飲み物はなるべく控えて、腎の働きを助ける「黒い食べ物」をしっかり食べてくださいね。

食卓にぜひ黒ゴマを。

 

-メモ
-, ,

© 2020 アラフィフぶー子のダイエットメモ